気になる!プチ整形のそこんところ

プチ整形についてみんなはどう思ってる?

ここ数年で、世間での認知度をぐっとあげてきた「プチ整形」ということば。「美容整形」というと構えてしまうけれど、「プチ」と聞くと敷居も低く感じられますね。実際「プチ整形」に対して、多くの人が、多かれ少なかれ興味を持っていると思います。

 

「プチ」というだけあって、手軽に、安価に、短時間で受けられる施術が多いからです。本格的な美容整形が「ガラリ」と自分を変えてしまうのであれば、プチ整形は、周囲にわからないぐらいの変化の幅が少なく、でも確実に変わっていける、そういうオーダーができるからではないでしょうか。

 

多くの人が気軽にプチ整形を受けることによって、人々の「整形」に関する偏見もすくなくなりつつあるように思います。ある調査では、自分の友人が整形をすると言った時でも、約8割の人が「反対しない」と答えました。反対しない理由としては、整形する・しないは個人の自由、それで「自分」を変えられるならいいじゃないかということでした。

 

プチ整形のように切らなくてもすむリフトアップ法のサーマクールやテノールの効果がかなり高いそうです。

プチ整形って何?

あなたは「プチ整形」と聞いて、どういう施術を思い浮かべますか?目を二重にする、シワを消す注射を打つなどが、一般的にも有名なところでしょうか。今やプチ整形で変えられないところはないと言えるぐらいまで進歩しています。

 

それでは「プチ整形」とは一体何なのか、それからまず考えてみましょう。ある新語辞典を参考にすると、「プチ整形」とは、芸能人やセレブと呼ばれる人たちから始まり、次第に一般人たちもするようになってきている美容整形の簡易版のこと。

 

医療用語ではなく女性誌が作り出したことばなのだそうです。本格的な整形手術と比べて、価格も手ごろで短時間で体への負担も少ない施術が多い。整形とプチ整形との間の境目というのははっきりしていないのですが、整形手術の場合にはメスを使うことが多く、プチ整形の場合にはメスを使うことはほとんどないそうです。

 

こう調べてみるだけでも、「整形は無理だけど、プチ整形ならイケるかも」というふうに思いますよね。